ブログblog

39)無垢のタモフローリングを貼りました

断熱工事も終わり、いよいよ内装工事です。

まずは床のフローリングです。

一階のフローリングはタモにしました。

北海道の無垢のフロー^リングのタモ、ナラ、セン、ニレ、そして東北のサクラの中から、一階と二階のホールはナラを施主さんが選びました。

タモはこれまでにも使ってきましたが、木目がはっきりして、硬さもあり、フローリングには適しています。

バットの材料は青タモですね。

部屋の中心から、東西に基準線を出して、そこから南、北側へ貼り分けます。

フローリングの巾は90ミリでせが、長さは1メートル前後で一定していません。

乱尺フローリングです。

北海道の木を無駄なく使うために、短いものも、長いものも一緒に使います。

同じ木ですから。

大工さんは少し大変ですが、無垢の木目の綺麗なフローリングを貼るのは楽しそうです。


柱の周りを鋸で綺麗にへこませて、フローリングを差し込んでいきます。

真壁で、柱が見えてきますので、細かい技が必要です。

長さ5間、9メートル分のフローリングを一気に貼っていきますが、線が綺麗に通るので木目もスッキリ見えます。

貼り終わると、傷が付かないようにすぐに養生しますので、見えなくなってしまいますが、塗装をして木目が浮き立つときが楽しみです。

床は無垢が基本です