ブログblog

17)構造設計と間取りは仲良くするのが大切

構造設計と構造計算が必要なことを理解した上で
構造設計は何をするの?ということが次の疑問です。

木の家を造るために、どんな間取りにするということは
誰でも考えることです。

昔はどこの家もほとんど同じ間取りでした。

農家の場合は、田の字型和室があり
その隣に土間や台所があることが基本で
その上に大きな屋根をかければほぼ完成でした。

ですから、構造もほとんど同じで、費用も
大体同じで、造りながら支払いをすることでも
後で問題にはなりません。

今では、敷地、環境、家族構成、予算、デザインなど
一つとして同じ間取りはありませんし、工事費も
バラならですから、見積もりが必要です。

間取りと構造が一致していた昔の期の家に比べて
現代の木の家は間取りが一人歩きで進んで
後から、構造をどのようにするか決めることが多いです。

ともすると、構造の検討、構造設計が中途半端で
次に進むこともあるようです。

構造設計は基本設計という設計の最初から
一緒に検討していかなければなりません。

木の家づくりネットワークでは構造設計の考え方を
セルフレーム構造という考え方で設計の最初から
組み込んで検討しています。

 

木の家を間取りのような平面だけでなく
3次元の立体空間をイメージして、その立体空間を
どのように組み立てるかを検討します。

間取りを立体的に立ち上げた時に
部屋の空間を一つの細胞=セルの集合体のように
考えます。

そのセルとセルが組み合わさって、一つの
木の家が出来ますが、そのセルの境界に
木組みとなる柱、梁などの構造木材が
切れることなく繋がるようにする考え方です。

特に、それらのセルが上下、1階と2階で
同じ形で重なると、問題は少なくなります。

しかし、1階よりも2階のほうが小さかったり
逆に2階が大きいなど、上下に番があるときには
十分な検討が必要です。

和みの木の家では、北側の一部、西側のすべて
南側の一部が2階の方がセットバックして小さく
外壁の線がずれています。

プランニングの過程で、規模や間取りなどの関係から
その必要性がありました。

 

北側の一部と西側全部がセットバックしてます。

 

南側も3分の2ほどセットバックしてます。

このプランニングを検討する初期の段階で
構造の検討を部分的に行って、問題なくクリヤできる
ことが分かったため、設計を先に進めました。

特に角は隣り合う外壁が両方とも
セットバックしていますので、十分な検討が必要でした。

構造設計と間取り・プランニングは木の家の
両輪ですから、仲良くしなければなりません。