木の家の施工事例works

音楽ホールのような平屋の家

5軒の住まい、たどり着いた答は「木の家」でした

静岡県の別荘地で老後の生活を謳歌したいと敷地を購入したお施主さん。今まで4軒の住居を経験してきた高齢の夫婦のお施主さんが、老後の家づくりに選んだ住まいの形は、木の家でした。
間取りは、2階建てでは空間が上下で分断されてしまうという経験から平屋とし、仕切りのない、つながりのある空間としました。音楽好きの奥さまから、「音楽ホールのような」という言葉をキーワードに、勾配屋根を活かした大らかな空間をイメージしました。構造計算により、屋根の隙間から光の入る複雑な木組みを実現しながら、自然素材の優しい音響空間ができあがりました。家の中心には、薪ストーブがあり、暖かい輻射熱が家中を包み込んでくれます。浴室には防腐効果の高いヒノキの浴槽、青森ヒバの壁で構成しました。蛇口から出る暖かい温泉とリラックス効果のある木のお風呂が身体を癒してくれます。
お施主さんは、移り住んでから、大きな庭で野菜づくりに挑戦したり、伊豆の合奏団に参加するなど、地方での生活を楽しんでいるようです。
建築種別
新築
階数
2階
延床面積
112㎡
敷地面積
606㎡
外部仕上
外壁_鉱物顔料漆喰モルタル
屋根_ガルバリウム鋼板屋根
内部仕上
床 _桧、杉
壁 _漆喰、石州和紙
天井_杉、ロール和紙
所在地
静岡県伊東市