ブログblog

木の家づくりネットワーク お知らせ

22)無垢の木搬入、土台敷きました

朝早くに、金山町の金山匠が加工した、金山杉が金山町森林組合の搬送計画により、現場に到着しました。10トン車に整然と積み込まれた木材は圧倒的な迫力です。 トラックのクレーンで足場を乗り越えて、一気に基礎の上に運び込みます。運転手のクレーンの操作テクニックが光ります。細かい配慮や勘を働かせて、安全に、確…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

21)安全工事は足場から

基礎工事が完了し、家の外周部分の水道の給水管、排水管を水道工事職人さんが配管します。木の家が建ってからでは工事が効率的でなく、外壁や基礎を汚してしまうため先行して行います。現在は塩ビ製の口径が小さい丸い桝(ます)が使われます。塩ビ製でなく、ポリプロピレン製の製品を使いたいのですが、未だ一般化しておら…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

20)強い基礎が出来ました

基礎ができあがりました。底盤と立ち上がりの厚みが15センチの一体打ちコンクリートのベタ基礎です。基礎から土台をしっかりと止め付けるアンカーボルトも90センチ間隔以内で埋め込まれ、通常の基礎の1.5倍の本数が入っています。そして、通し柱や引き抜きの力がかかる柱をしっかりと基礎に止め付ける「ホールダウン…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

19)基礎はお暑いのが嫌いです

良い木の家は地盤と基礎からですね良い地盤を造るには、スウェーデンサウンディングと表面波探査による地盤調査が基本です。そのデータ解析に基づいて分析された結果により、必要に応じて地盤改良や杭などの地業工事が必要です。調布の家では表層地盤改良を行いました。基礎工事はミルシートによって品質の確認された鉄筋を…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

18)良い木の家の基礎コンクリート打ち

さあ、満を持しての基礎コンクリートの打ち込みです。コンクリートポンプ車が敷地に横付けされ、コンクリートミキサー車がその後ろにドッキングですポンプ車の後ろ側の投入口にミキサー車からコンクリートが投入されます。すると、ミキサー車のホースが麒麟のように首を持ち上げ、最初に打ち込む基礎の位置に職人がスタンバ…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

17)良い木の家の鉄筋とコンクリート

基礎の型枠が組み立てられ、これからコンクリートを打ち込みますが、その前に基礎の鉄筋とコンクリートの品質の確認が行われます。鉄筋はコンクリートの中で、引っ張られるような力に対して、延び縮みしながら強度を保ちます。その性能、品質を事前に測定して、基準を満足する鉄筋を使って加工します。その証明書が俗称「ミ…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

16)基礎配筋検査

防湿シートの上から基礎の鉄筋を組むためにレベルコンクリートを打ちます。捨てコンクリートとも言われますが、基礎の水平レベルをきちんと出すために打ちますのでレベルコンクリートと呼ぶようにしています。この水平が正確に施工されていないと今後の仕事に影響します。良い木の家にはすべて適当な仕事と言うものはありま…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

15)砕石転圧と防湿シート

地盤改良が終わって、確実に地盤突き固められると、その上から砕石(さいせき)を敷きこんでさらに転圧します。基礎はベタ基礎という、家の基礎全体に耐圧盤という転勤コンクリートの厚いい盤がある基礎です。基礎全体で家の荷重や地震の揺れを支える基礎です。基礎の下の砕石も家全体に厚さ12センチで敷きこまれ、その上…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

14)地盤改良工事です

最初に行った地盤調査の結果を解析して地盤改良を行うこととしました。地盤調査はスウェーデンサウンディング方式と表面波探査方式の組み合わせによる方法です。以前のブログでご紹介しています。 結果は、敷地の奥側約半分がよう壁工事後の埋め戻しの不十分により、空隙が見られ耐力が不足していました。そこで、約1.5…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

13)木のいえ整備促進事業の補助金交付が決定しました

調布の家の補助金交付の決定通知書が届きました。調布の家は木の家づくりネットワークの「新・あぜくらの家」のコンセプトで設計されました。ログハウスのような家を造りたいが、東京の街中にログハウスの外観では浮いてしまうので、インテリアだけでもイメージを実現したいというご主人。偽者の木のイメージは好まない=本…

この記事を読む