ブログblog

木の家づくりネットワーク お知らせ

12)地鎮祭が執り行われました

調布の家で地鎮祭(じちんさい)が執り行われました。整地が行われた敷地で、中央に4本の竹が立てられ、南向きに祭壇が設置されて準備完了です。朝から雨が心配されましたが、やはり時折雨が降る天候でしたが大工棟梁の用意したテントで無事に進行しました。 ブルーシートが敷きつめられて足元も安心です。 神社は近くの…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

10)本物の木の家で長期優良住宅ー3

3、耐震性ーその2前回の「耐震性ーその1」では、木の家でもビル建築と同様な「許容応力度計算」による構造計算で耐震性をより精密に確認できることをお伝えしました。すべての部材と木組みの構造安全性を確認して、最終的に「層間変形角(そうかんへんけいかく)」という数値が基準以下であるかを確かめました。その考え…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

9)本物の木の家で長期優良住宅ー2

3、耐震性ーその1長期優良住宅の中でももっとも注意を払う性能が耐震性です。規模の大きい建築物ではコンピューターの解析能力が高くなったことで、耐震性の確認が格段に飛躍しています。地震が起きたときにどのように建物が揺れるかといった動的解析が進んでおり、グラフィック画像でシミュレーションが出来ますので、高…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

8)本物の木の家で長期優良住宅-1

長期優良住宅の技術基準に適合した木の家を造ることは、さほど難しいことではありません。税制の優遇措置があることや、地域材を使うと国から最大120万円の助成が得られるインセンティブがあり、それを目玉にメーカーでは商品を用意していますし、デベロッパーや規模の大きい工務店では販売戦略に組み込んでいます。その…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

7)長期優良住宅に適合しました

設計の内容をご説明するのは、工事の内容に比べて難しいです。工事は目に見える形で進みますので写真などでも理解し易いのでが、設計は図面ができても専門的でわかりにくいです。そもそもじっと考えて、悩んで、行ったり来たりするところを説明されても面白くないですからね。しかし、今回ははっきりとした結果でました。調…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

6)収納計画と設計

調布の木の家の設計が山場を迎えています。プランニングによる間取りと空間構成が決まり、構造設計が進行しています。色のついた木組みの図面をもとに、木組みの太さを決めて、最終的に「許容応力度計算」というビル建築と同様な構造計算を行って、震度7でも大きな損傷が無い木の家づくりを目指しています。その一方で、細…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

8)色のついた木組みの図面

調布の家の実施設計の打ち合わせがありました。今回の打ち合わせは実施設計の中盤での重要な打ち合わせです。1、まず、屋根や外壁、庭周りの外構の仕上げ材料を書いた設計概要、外部仕上げ表です。 細かい数字や材料の名前が書いてありますので確認していただくのも大変です。なるべく分かりやすく説明しますがお施主さん…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

7)実施設計打ち合わせ

木の家の立体的なイメージを模型によって確認することで基本設計の内容がほぼ確定しました。そのあとは実施設計のプロセスに入ります。基本設計では設計の基本的内容(間取り、仕上げ、形などの意匠計画、構造計画、設備計画、概算事業費、外構計画など)を練り上げてきました。実施設計ではそれらの基本的考え方をより具体…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

6)模型のプレゼン

基本設計の途中で模型のプレゼンを行いました。建て主の方にとっては間取りに始まって間取りに終わるといわれるほどに、平面プランニングが最も注目されるところかと思われます。その間取りが決まってくれば床、壁、天井の仕上げ窓の大きさと位置収納や家具の詳細キッチンや浴室の設備の内容冷暖房や給湯方式照明外構などと…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

5)基本設計の打ち合わせ

基本計画によって方向性の確認ができました。次のステップは基本設計です。基本設計ではより具体的な設計内容の検討に入ります。基本計画では間取りプランニングが中心でしたが、基本設計では外部の仕上げや室内の仕上げの内容=仕様をご提案します。外部の仕上げ表や計画の概要をまとめた仕上げ・概要書を作成します。 細…

この記事を読む