ブログblog

木の家づくりネットワーク お知らせ

16)断熱化の波はひしひしと

住宅工法システムの説明会に日比谷に行ってきました。会場は日比谷公園の日比谷図書文化館です。こんなことでもなければ霞ヶ関には行かないのでいい機会でした。公園の大イチョウの木は紅葉真っ盛りで銀杏の香りも終わりかかっているせいかほのかでした。そういえば日比谷図書文化館は学生の時の一年目の製図の課題で、トレ…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

18)壁量計算と構造計算は違います

構造設計は、地盤調査に基づく地盤の補強から基礎の形や基礎に埋め込まれる鉄筋の設計どのように木を組むかという木組みの設計そして、地震や台風などの水平方向の力に対抗する耐力壁の配置と内容の設計地震時に持ち上がろうとする力に対する引き抜きの検討など、様々に検討されます。そのなかでも、耐力壁の設計は筋交いを…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

17)構造設計と間取りは仲良くするのが大切

構造設計と構造計算が必要なことを理解した上で構造設計は何をするの?ということが次の疑問です。木の家を造るために、どんな間取りにするということは誰でも考えることです。昔はどこの家もほとんど同じ間取りでした。農家の場合は、田の字型和室がありその隣に土間や台所があることが基本でその上に大きな屋根をかければ…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

16)構造設計と構造計算は必要でしょうか

実施設計のなかでも、基本中の基本が構造設計です。建築物のなかで鉄筋コンクリート造(RC造)や鉄骨造(S造)の設計では構造設計、構造計算を行うことは良く知られています。一時期前の構造計算偽装事件などもありましたのでその重要性は言うまでもないと思います。それでは、木造住宅、木の家では木組みを設計する構造…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

15)細部の検討を行う実施設計

基本設計では木の家の間取り、形、仕上げなどの大まかな方向を決めていきます。そこで、クライアントとの確認が取れると今度は実施設計に進みます。実施設計では、設計の各分野での詳細が検討されます。デザインとしては、外部、内部の細かい納まり仕上げ材料の選定と使い方。使い勝手の細かい部分も検討していきます。&n…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

9)素敵な暮らしの木の家

木の家の屋根、壁、床を厚さ3センチの板で包み込んだ「新・あぜくらの家」のメンテナンスでお邪魔しました。都内の二世帯住宅の2階を木の家が好きなご家族にレンタルすることになり素敵なご家族が生活されていました。大屋根の家ですので、ロフトが確保でき2階のロフトに上がると、ひろまから和室の上を通って、個室に行…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

1)八国山から千と千尋へ

東京都と埼玉県の境に東西に伸びる狭山丘陵の東端にある八国山の南側を散策しました。といっても、合間の時間にぶらついた程度ですが。八国山は西武国分寺線の東村山駅から西武園線の西武園駅までの緩やかなカーブを描く線路の北側でこんもりとした、高くも無く、低くも無く程よい高さの東西に長い山です。線路を越えて山麓…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

14)基本設計の模型

土地購入ためのボリュームプランニング↓暮らし方をイメージするゾーンプランニング↓《具体的な壁や窓、形が見える基本設計》 ↓基本設計による模型確認まで進んできました。基本設計段階で、プランニング(間取りと空間ボリューム)が決まってきました。そこで、模型製作です。模型と言っても、完成模型ではありません。…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

13)ゾーンプランニング=基本計画から基本設計へ

和みの木の家の設計もようやく原型が見えて来ました。土地購入ためのボリュームプランニング↓暮らし方をイメージするゾーンプランニング↓《具体的な壁や窓、形が見える基本設計》 まで進みました。基本設計では大まかなスペースのゾーンを現実的な壁で仕切ったり、オープンにつないだり窓を確定したりして、建築としての…

この記事を読む
木の家づくりネットワーク お知らせ

12)ゾーンプランニング=和みの木の家の原型

土地の購入に当たって、敷地環境、境界などの他に建築法規などから、敷地にどの程度の家が建てられるかが大きなポイントです。そこで、購入前に建築ボリュームをどの程度取れるかを高さ制限なども含めて検討し、クライアントさんに見てもらいました。諸条件の検討の上、購入した後はいよいよ具体的な設計です。「木の家づく…

この記事を読む